初心者向けの基本情報

女性

アドバイスとメリット

鼻の整形手術といってもさまざまな種類があるため、初心者の場合はどれを選んだらいいか分からないという人も多いのではないでしょうか。この手術には、大きく分けて「切る施術」と「切らない施術」の2つの方法があるのですが、より本格的な方法は切る施術のほうになります。そのため、どうせやるなら本格的なほうがいいと考える人もいるかもしれませんが、鼻整形が初めてという場合は、まず切らない施術のほうから試すほうが無難です。その理由としては、本格的な切る施術は費用が高いからということもありますが、切る場合は元に戻せなかったりやり直しに手間がかかったりするからということが挙げられます。高い費用を支払って手術を受けたのに仕上がりに不満があると、金銭的にも損失を受けますが、やり直しをするとなると手間や体への負担もかかってしまいます。しかし切らない施術であれば、効果の持続期間が半年〜1年程度に限られているため、もし仕上がりが気に入らない場合でも、一定の期間が過ぎれば元に戻すことができるのです。そのため初心者の場合は、上記のようなリスクを回避するためにも、まずは切らない施術を選んだほうが賢明だと言えるでしょう。また、初めて鼻の整形手術を受けるときは分からないことも多くあるので、クリニックでカウンセリングを受ける際に質問をして、疑問を解消しておくことが重要です。仕上がりがどうなるかやリスクに関することなど、分からないことがあればどんな小さなことでも相談し、納得した上で実際に手術を受けるかどうかを決めるようにしましょう。

初心者が鼻の整形手術を受ける場合は、「切らない施術」を選んだほうが無難だということを紹介しましたが、この方法は、実は人気のある施術方法でもあるのです。切らない施術には、ヒアルロン酸注入や溶ける糸を注入する方法があり、鼻を高くする整形手術などで採用されています。これらの切らない施術方法がなぜ人気なのかというと、まずは「費用が安く済むから」という理由が挙げられるでしょう。切る施術には、プロテーゼを挿入する方法などがあるのですが、その相場は10万円〜60万円程度と非常に高くなります。しかし切らない施術の場合であれば、数万円〜12万円程度という、比較的安い費用で済ませることができるのです。そのため、意外と安いということで、気軽に手術を受ける人が多くなっているということが言えるでしょう。次に挙げられる理由は、本格的な切る施術よりも「リスクが少ないから」ということであり、そのハードルの低さが人気になっています。切らない施術は文字通りメスによる切開がないため、施術時間も短くて済みますし、体への負担も少なくなります。長時間に及ぶ本格的な手術の場合は、ダウンタイムも長くなりますが、切らない施術はダウンタイムもほとんどありません。また切らない方法の場合、効果の持続期間が半年〜1年程度に限られていることはデメリットでもあるのですが、切る場合のように1度手術すると元に戻せないというリスクを回避することができます。そのため、初心者に限らず、お試しが気軽にできるということも人気になっている理由だと言えるでしょう。