印象を左右する顔のパーツ

カウンセリング

顔のコンプレックスの解消方法とは

鼻に関するコンプレックスは、整形手術にて解消させることが出来ます。鼻の整形手術には様々な方法があり、骨を削ったり、特殊な素材を注入したりといった施術が基本となります。効果や向いている人、費用もそれぞれ異なりますので、医師と相談して自分に合った方法で手術を行うことが大切です。中でも、もっとも費用が安く簡単な整形方法の一つがヒアルロン酸の注入です。ヒアルロン酸を鼻に注入することで、高さを出すことが可能になります。ヒアルロン酸は、柔らかいタイプ、固いタイプなど様々な種類がありますが、使用するのは固いタイプです。柔らかいタイプは主にシワ治療などに使われることが多いです。対象部位は、筋部分、先端などです。気になるところに注入することで、その分体積が増え高さが出ます。また、鷲鼻などの治療にも効果的で、形の修正をすることも出来ます。ヒアルロン酸注入の一番のメリットは、痛みがなく短時間で簡単に治療が終わるという点です。治療後にその部位をむやみに触ったりしなければ普通の日常生活を過ごすことも出来ますし、メスを使わないため回復も早いです。また、何より自然な仕上がりになるのも特徴の一つで、周囲に整形をばれたくないというような人にも向いています。ただし、注入は必ず腕のある医師に行ってもらいましょう。横から見たときのバランスや口元とのバランスなどが崩れると不自然に見えてしまうため、注入する量や場所はとても大切です。症例数が多く信頼出来る医師、クリニックを見つけることも、整形手術を行うに当たって重要なのです。

その次にポピュラーで人気があるのが、プロテーゼを使った整形方法です。プロテーゼは、ヒアルロン酸のような液体とは違いもともと形のある素材です。高さ、幅、長さが異なる様々なプロテーゼがあるので、自分の希望に沿ったプロテーゼでより理想の近い鼻に仕上げることが出来ます。その中でもプロテーゼは、I型、L型、中間型と分けることが出来ます。I型は鼻先に負担がかからないようにする場合によく使われます。L型は先端部分が曲がっていてLの字になっており、丸い形状をシュっとさせたい、というような場合に使われます。中間型は、L型プロテーゼで先端部分を痛めてしまうようなタイプの人に向いており、IとLの中間のような形をしています。プロテーゼのメリットは、幅を広げずに高さのみを出せるということ、ヒアルロン酸は液体状なので、どうしても注入後に幅が広がってしまうことがありますが、プロテーゼはそのようなことはありません。ただし、少しだけ高さを出したい、費用をなるべく安くしたい、まずは試してみたい、というような人にはヒアルロン酸治療は向いているので、よく検討して方法を決めると良いでしょう。他にも、耳の軟骨を使い移植する耳介軟骨移植も人気です。外科手術が必要になるため、費用はヒアルロン酸やプロテーゼより高くなりますが、自分の骨を移植するのでアレルギーの心配などがなく、また本物の骨を使用するためより仕上がりが自然になるなどのメリットがあります。鼻のコンプレックスを解消したい人は、ぜひ自分に合った方法で整形手術を受けてみましょう。