印象を左右する顔のパーツ

カウンセリング 鼻に関するコンプレックスは、整形手術で解決出来ます。ヒアルロン酸注入、プロテーゼ注入、耳介軟骨移植など様々な方法があり、それぞれ費用やメリットは異なります。自分に合った方法で手術を行うことが大切です。

詳しく見る

信頼できる医師を選ぶ

注射器 鼻の整形に必要となる費用は、クリニックや施術方法により大きな違いが生まれるので気をつけましょう。金銭面の違いだけで話はなく、腕が確かで信頼することができる医師が対応してくれるクリニックを選ぶことが大切です。

詳しく見る

初心者向けの基本情報

女性 鼻の整形手術を初めて受ける場合は、一定期間が過ぎると元に戻るという「切らない施術」をまず試してみたほうが無難です。この切らない施術は、「切る施術」よりも費用が安いことや、リスクが少ないことが理由で人気になっています。

詳しく見る

顔の印象を左右するパーツ

女性

自分に合った治療方法を

鼻は、顔の印象を左右する重要なパーツです。そのため、穴が大きい、上向き、などコンプレックスを抱えている人も少なくありません。そのようなコンプレックスは、整形をすることで解決します。整形はメイクとは違い、一度行えば半永久的に効果を持続させることが出来ます。そのため、メイクを落としたときでも自分の顔に自信がもてるようになり、前向きな気持ちになれるなど多くのメリットがあります。さて、鼻の整形には様々な方法があり、希望する仕上がりによって医師が適切な方法を提案してくれます。例えば、鼻筋を通したい、高さを出したいという場合はプロテーゼというものを挿入する治療がおすすめです。プロテーゼは人口軟骨のようなもので、入れたい部分を手術で切開し挿入していきます。長さや形はI型やL型などたくさんありますが、希望の形がない場合はオーダーメイドで医師が作ってくれますので、自分にぴったり合ったものをつけることが出来ます。プロテーゼにかかる費用は20万円程度が相場です。入れる形や量、形によって料金は異なり、昔入れていたものの入れ替えですとさらに費用がかかることもあるので、必ず医師に確認するようにしましょう。入れる部分の切開手術は麻酔をかけて行います。出来るだけ傷が目立たないよう、切開部分は最小限にとどめますので、治療後に傷痕によって整形がばれてしまう危険性はありません。治療後は出来るだけ安静に過ごし、回復を早めるようにつとめましょう。腫れや痛みが落ち着いたら、すぐに普通の日常生活を送れます。

鼻を整形したいと希望する人の中でも一番多いのが、高さを出したいという希望ですが、その次に多いのが穴の大きさを小さくしたいというものです。この場合は、面積を少なくするための手術か厚みを減らす手術を行うのが普通で、費用は30万前後が相場です。鼻孔緑切除と呼ばれる整形方法が一般的に行われます。この手術は、穴の内側にメスで切り込みを入れ、穴の中が下がるように開いていきます。その後耳など目立たない部分から皮膚と軟骨を切除して移植し、切開した部分に貼り付けます。この手術によって、鼻孔縁が下がって、穴の中が見えにくくなります。厚みを減らしたい場合は、皮膚を2ミリ程度切り取ります。そうすることですっきり小さく見えるようになります。他にも、付け根を切除したりして大きさを小さくすることも可能です。その人の希望に合わせて、様々な手術方法を組み合わせることもあります。このように、どのようなコンプレックスであっても基本的には整形手術によって解決することが出来ます。クリニックの方針や症例、費用の面などを考えながら自分に合うクリニックを見つけ、まずはカウンセリングを行うことから始めてみましょう。また治療による副作用についても知っておくと良いでしょう。治療では麻酔を使うので、麻酔が体に合わない場合めまいや吐き気などを引き起こしてしまう可能性があります。その場合は治療を中止したり、麻酔が切れた後に適切な処置を行わなければならない場合があるので、体調の異変はすぐ医師に知らせることが大切です。整形手術で理想の鼻を手に入れ、自分に自信を取り戻しましょう。